深川放浪日記

Adult contemporary(A.O.R),Black contemporary,City-Pops,Fusion(Cross over),Free-Soul,Funk,R&B,Soft-Rock,French-Pops,MPB, Art/Psychedelic/Symphonic/Hard/Progressive/Blues...All Rock!!! and more... 〜Mellow,Funky,Dreamy,Sophisticated〜

カテゴリ: Sagaworld Remaster CD Review

7e3f2b2c
ウィルソン・ブラザーズでのルーク祭り状態を引きづり、もう一枚ルーク大活躍アルバムを。
ピンクベースの色が加藤茶登場を予感させてくれるジャケットだが、そこに立つのは何ともやるせない表情な一人の優男。
それもAORを連想させる小道具としては欠かせない(笑)タバコを片手にだ。 

続きを読む

What's Going On
1971年にリリースした改めて説明する必要がないほどの大名盤。
マーヴィンが持つ優しくエロティックな歌声は天性のもの。
それにモータウンが誇るハウスバンド、ファンクブラザーズによる演奏が加わのだから悪くなるはずがない。
とさえ言い切ってしまいたいほどの内容である。続きを読む

58d1fa0d
後にMr.Mister(全米1位を2曲送り出したロック・バンド)を結成するリチャード・ペイジ(Vo,K,G)とスティーブ・ジョージ(Vo,K)がジェイ・グレイドンのプロデュースで送り出した3rd。
AOR的観点からはミスター・ミスターよりも圧倒的にこちらのペイジズの方に軍配が上がる。



続きを読む

133bf0de
AORはアルバムのトータル・クオリティーが重視されるジャンルではあるが、それはジャケット=アートワーク、デザインも同様である。
今日の音源はそんなジャケットもカッコイイ一枚。 


続きを読む

birthday
日本で「ソフト・ロック」という言葉が使用された最初期のアルバム、アソシエイションのBIRTHDAY(邦題:ソフト・ロックの王者)。
その後にやって来る"GSブーム"に影響を与えたといっても過言ではないであろうグループだ。
続きを読む

↑このページのトップヘ